作曲、DTM、映像、写真、ポエム等々しゃべりたいことがいっぱいあるので、

MacユーザーはMotion5を使って初めての動画制作をしよう。

 
アイキャッチ-4
この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ミガモです。

私は過去にAviUtlで動画制作をしていました。

が、Mac非対応のためMacBookに移行してからは使えなくなってしまい、しばらく映像制作からは離れていました。

そんな私ですが、最近appleが提供しているMotionというソフトを使用してモーショングラフィックスの制作を始めました。


このMotionですが、私は安価かつ扱いやすいソフトだと感じています。

 

それでは今日はこのMotionについてゆっくりしゃべっていいですか。

 

安い

最初にも言いましたが¥6,000と非常に安いです。

とっても明快です。安いに越したことはありませんね。

憧れのadobe社AfterEffectsはサブスクリプション制なので単体使用でも月額¥2,180、年額で¥26,160がかかります。

動画制作をこれから始めようという人やあくまで趣味だという人に毎月¥2、180はなかなか厳しいお値段なのではないでしょうか。

(学生・教職員向けや、Amazonプライムデーなどのセールで上記より安く買えることはあります)

その点Motionは¥6,000を支払えばそこからお金はかかりません。

ゲームソフトや洋服などを買ったと思えばそこまで高い値段ではありませんし、最悪使わなくなったとしても許容できる値段だと思います。

安心

なんてったってapple自身が制作・提供していますのでまず不具合は起きないでしょう。

AviUtlを使用していた時は大量の拡張機能などをよくわからないままインストールしていたので、フォルダが煩雑になりやすかったです。

完全にブラックボックス化してて、下手に触れなかったです。

Motion5に限らず、Macはインストールが非常に簡単なので精神的にとても優しいです。

 

そこそこ高機能

よっぽどのものを作ろうとしているのでなければ、十分の機能です。

最初にお見せしたモーショングラフィックス程度なら簡単に作れてしまいます。

その他にも、素材を選択して3Dの文字を生成したり、パスツールを使って自由に任意の図形を描いたり、ということが簡単にできてしまいます。

3D文字とパスツールで描いた図形

3D文字とパスツールで描いた図形

 

 

情報が少ない

どちらかといえばAfterEffectsのチュートリアルがすごく充実しているとも言えますが、Motion5は情報がなかなかヒットしません。

使用しているユーザーさんも少ないみたいなので、初めての方はもしかしたら苦労するかもしれませんね。

AviUtlを使ってきたという方であれば、感覚はすぐに掴めると思います。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

私自身まだそこまで使い込んでいないので、魅力を十分伝えきれたか分かりません。

ですが、Motion5は間違いなくコスパに優れた製品だと思います。

皆様も是非Motion5を使って初めての動画制作をしてみてはいかがですか?

 

それではまたどこかで、ミガモでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆっくりしゃべっていいですか。 , 2018 All Rights Reserved.