作曲、DTM、映像、写真、ポエム等々しゃべりたいことがいっぱいあるので、

シンセを使いこなすコツ。プリセットをガンガン使え、たまにちょっとだけイジれ。

 
プリセット使え_アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

こんちゃっすー!シユウっすー!

 

みなさんプラグインシンセはどんなものをお持ちですか?

Omnisphere?Massive?sylenth1?Serum?Spire?Avenger?

本当にたくさんのシンセがあると思います。

 

ですが、皆さん本当にそのシンセ達を使いこなせてますか?

デモで聴いた時はあんなにカッコよかったのに、いざ手に入れたら使いこなせない…。

そんな経験ありますよね。

 

そんな時はプリセットを使えばいいんです!

用意されてるやつ使え使え!

 

とは言っても抵抗ある人たくさんいらっしゃると思います。

今日はそんな方達のプリセットへの抵抗を無くしに来ました

それではシンセのプリセットについて、ゆっくりしゃべっていいですか。

 

プリセットはプロが作った音

 

プラグインシンセに入ってるプリセット群。

あれらは誰よりもそのシンセを理解した人たちが作った、まさにプロの音です。

 

それに対して、つい最近使い始めて英語の取説も読めないままなんとなく弄ってる我々。

そうやすやすと超えられるものではありません。

 

「自分で苦労して作った音より、プリセットの方がいい音…」

 

当たり前なんです。

向こうもそれが仕事ですしね。

 

そんな最高の音を使わない手はありません。

 

検索のしやすさにも力を入れている→プリセットを使って欲しい

 

膨大なプリセットを含んだOmnisphereは特にそうですね。

カテゴリ・タグ検索を可能にしお気に入り度を付けられたりと、ユーザビリティが向上しています。

 

プリセット検索のしやすさに力を入れているということは、プリセットが使われることを考慮していると言えます。

あるいは、ユーザーの求めるものの1つが「プリセットの検索のしやすさ」ということですね。

 

誰もプリセットを使わないなら検索機能もいらないですし、そもそもプリセットを付けませんよね。

 

プリセットパックも頻繁にリリースされている

 

例えばPrimeLoops社などは、頻繁にプリセットパックをリリースしています。

これもまたプリセットの需要があることを示していますよね。

他人が作った音をお金を出してまで買う人はたくさんいるんです。

 

そろそろプリセットを使うことへの抵抗が薄れてきたのではないでしょうか。

プリセットを使うことは当たり前なんです。

何も悪いことではない。何もダサいことではない。

 

何故プリセットを使うべきなのか

 

私はガンガンプリセットを使うべき、そう思います。

何故なら、

 

デモで聴いた素晴らしい音が出せるから

 

デモで聴いた音はほぼ間違いなくプリセットに入っています。

あなたはデモを聴いて音を気に入ったからそのシンセを買ったんですよね?

その最高にカッコいい音をそのまま出せるのがプリセットなんです。

 

時間の短縮になるから

 

音色を一から作るのはとても時間がかかります。

もしあなたが極上の音を作ることを目標にしたサウンドメイカーであるなら話は別ですが、

曲を作ることが目的であるならば、時間を割くべきはもっと他のところにあります。

 

偶然生まれるフレーズがあるから

 

これ、私は一番大事だと思っています。

音楽には偶然が付き物です。

何もフレーズが浮かばないなどに、適当にプリセットを選んで適当に弾いてみてください。

思いも寄らないインスピレーションが降ってくるかもしれません。

 

まずはプリセットをちょっとだけ弄ることから

 

それでも抵抗がある人。

いらっしゃると思います、分かります。

 

「プリセットの音だとなんか違うんだよ!」

「このプリセット、音は好きなんだけどアタックの強さだけ気に入らないんだよ!」

 

そうなりますよね。

プリセットはプリセット、あなたの曲だけのために作られたわけではないので、齟齬は生じます。

 

「なんか違う」

そうなった時に初めてプリセットをちょっとだけ弄ってみればいいんです

 

LFOの速さが気に入らない?じゃあプリセットのLFOだけ弄ってみよう。

アタックの強さが気に入らない?じゃあADSRを弄ってみよう。

もう少し優しい音にしたいなあ?じゃあハイカットフィルターをかけてみよう。

 

そうやって少しずつ少しずつプリセットを自分好みにしていきましょう。

次第にシンセの特性や仕組みが分かってきます。

もしかしたら1から自分で作れるようになるかもしれませんね。

 

いきなりゼロから始めるより、雛形があった方が作りやすい。

そんな経験をしたことはみなさんきっとあるはずですよ。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

私はシンセのプリセットだろうとループ・サンプル素材集だろうと遠慮なく使います。

だって使っていいって言うんだもん。

 

もちろん私も最初は抵抗がありました。

ですがいろんな音楽を聴いてると、同じような音って何回も耳にすると思うんです。

他人と同じ音を使ってもいいんだなって思ってからプリセットやサンプルを使い始めました。

 

まあ…よく考えたらドラムンベースとかトラップとか、ビート刻んでるのみんな同じ音だもんな…。

 

というわけでプリセットガンガン使っていきましょう!

シユウでした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆっくりしゃべっていいですか。 , 2018 All Rights Reserved.