作曲、DTM、映像、写真、ポエム等々しゃべりたいことがいっぱいあるので、

エレクトロ、劇版の作曲に必須。モードの実践的な使い方がわかる!書籍「クリエイターのための作曲アイデアと表現テクニック」

 
クリエイターのための作曲アイデアと表現テクニック
この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、シユウです。

 

突然ですが皆さんはモードについてご存知ですか?

 

そうそう、甘いものがたくさん載ってて美味しいですよね…。

ってそれプリンアラモードやないかい!

 

 

 

 

こんにちは、シユウです。

 

突然ですが皆さんはモードについてご存知ですか?

チャーチモード(教会旋法)、やイオニアン、ドリアン、フリジアン…などなど。

音楽理論をかじったことのある人は聞き覚えがある言葉だと思います。

 

このモードという概念ですが、よくわからんとの言葉をよく聞きます。

 

でも一度習得するとめちゃくちゃ使える上にカッコいいサウンドが作れるのがモードなんですよ!

特にエレクトロミュージックやゲームミュージック、劇版などを作っている方は習得必須です。

 

そして今回はこのモードを分かりやすく、実践的に解説した本を紹介したいと思います。

その商品はこちら!(裏声)

 

 

見てくださいこのボディー!(裏声)

 

今回はこの、

「エレクトロニック・ミュージック・クリエイターのための作曲アイデアと表現テクニック」

について、ゆっくりしゃべっていいですか。

 

どんなジャンルの人にもオススメ

 

まず、この本は「エレクトロニック・ミュージック・クリエイターのための」とありますが、

特に焦点をそこに当てているというだけです。

モードを勉強するためなら誰にでもオススメできます。

なのでエレクトロとか作らないよ!という方もモード勉強の一冊にぜひ検討して見てください。

 

でもゲームミュージックや劇版を作りたいなら多分エレクトロ系の曲も作ることも多いでしょうね。

 

”モードはキーの概念を拡張する”

 

この本を読んでまず惹かれたのはこの言葉でした。

 

皆さん明るいキーと言ったらなんですか?

メージャーキーですよね。

暗いキーは?

マイナーキーです。

 

じゃあその中間は?

メージャーキーより明るいキーは?

 

そういった新たな色彩の可能性を導いてくれるのがモードなんです。

 

ゲームで聴くような異国情緒溢れるあの曲は…?

明るくも暗くもない、クールで冷たい響きのあの曲は…?

 

それもモードです。

 

フフ…そろそろモードの魅力に気付いてくれましたか…?

 

付属CDの曲がカッコいい

 

これ、地味に重要じゃないですか?

どんなに事細かく書かれた教本でも、付属CDの曲がダサかったら説得力ゼロですよね?

 

ですがこの本の曲はカッコいい。

普通にCDとして聴いていられます。

 

もちろん「エレクトロニック・ミュージック・クリエイターのための」本なので全部エレクトロニックですけどね。

 

発展的でマニアックな内容も

 

前半は初心者でも分かりやすく、そして耳馴染みも良い曲ばかりです。

 

ですが後半につれてポリモードというかなり前衛的な内容が出てきたり、

ドローンミュージックでの持続音の作り方にも触れていたり。

 

読み応えがかなりある本です。

そして曲がカッコいい。だから読んでいて楽しいです。

 

Ableton Liveでの説明が稀にある

 

終盤だけですけどね。

 

Ableton Liveって人気はありますが主流かといったら微妙なところなので戸惑うかもしれません。

私はLogicなので戸惑いました。

 

でも本当に終盤でちょこっと出てくるぐらいなので気になさらずとも大丈夫ですよ!

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

先日書いたこの記事にこの本も入れるべきだったと思いました。

読む前と後で曲の作り方が変わった!作編曲・理論系の良書5選。

 

それぐらいオススメです。

読みやすいし曲がカッコいいから楽しい。

また読み返したくなってきたなぁ!

 

ちなみに著者の竹内一弘さんはギターの教本も出しています。

こちらも購入済みです。なかなか面白いですよ〜!

 

 

それでは今日はこの辺で!

モード、絶対習得してくれよな!シユウでした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆっくりしゃべっていいですか。 , 2018 All Rights Reserved.