作曲、DTM、映像、写真、ポエム等々しゃべりたいことがいっぱいあるので、

「ひたすらライブやればいつか売れる」は幻想。無駄だからやめときなって。

 
いつか売れるは幻想_アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、シユウです。

一応バンドマンです。

 

私もありました。

「良いライブをすれば少しずつファンが増えて行くはず」と思ってた時期。

 

でもファンを増やすためにライブをするってなかなか無益なんですよね。

今回は「ひたすらライブをやること」の無益さについてゆっくりしゃべっていいですか。

 

そもそも良いライブって何?

 

みなさんにとっての良いライブとは何ですか?

演奏が上手くキマったり、パフォーマンスがガッチリハマったり?

そうですね。そういうバンドはカッコいいです。

私も良い演奏しているなっていうバンドはいくつか見てきました。

(ひねくれ者なので基本的に人のバンドを良いなと思うことは稀なんですが。あら探しばかりしてます)

 

では昨夜あなたがライブに出演したとして、

演奏が上手くキマって、パフォーマンスがガッチリハマったとしましょう。

 

そもそも誰があなたのライブを見てるの?

 

ここなんですよ。

どんなに良い演奏をしたところでお客さんがいない。

あるいはいても興味を持ってくれない。

あるいは興味を持ってもその場限り。

 

ほとんどの人は「良いバンドだったね」って言ってCDも買わずに帰っていくだけ。

それって良いライブですか?

あなたは良い演奏をしたでしょう。

ですが、何も得られるものはありません。

良い演奏ならスタジオでも、いやスタジオの方ができますよね。

 

あなたは「良いライブ」をしたのではなく、「良い演奏」をしただけなのです。

 

もちろんイベントとしてコンセプトが面白かったとか、そういう「良いライブ」はあります。

が、あなたにとっての「良いライブ」はそれじゃありません。

 

ノルマのために友達を必死に誘ってもプラマイゼロ

 

ノルマのために友達を必死に誘うの分かります。

だいたい断られるんですよね。

そりゃそうです、チケットとドリンク合わせて¥3,000もするんですから。

 

バンドマンの人なら比較的誘いやすいですよね。

ですがその場合「今度はうちのライブにも来てよ」となります。

そしてそのライブに行ったら今度はこちらが¥3,000払う番。

完全にプラマイゼロですね。

 

CDを作った時も同じです。

バンドマン仲間なら買ってくれやすいですが、逆にこっちも買わなきゃいけない。

 

バンドをやってないのに来てくれる友達もいます。

CDまで買ってくれる人もいます。

とんでもなく良い人です。

聖人です。

 

ですがその人達は本当にファンですか?

ライブ告知をしたら誘わずとも来てくれますか?

告知を喜んで拡散してくれますか?

グッズもたくさん買ってくれますか?

他の人に布教してくれますか?

 

ほぼしてくれません。

何故か友達ってファンにはなってくれないんですよね。

 

出演にかかった費用で何ができる?

 

ライブのノルマといったら、¥2,500×8枚で¥20,000とかが相場でしょうか?

もう少し安いところも高いところもありますよね。

(言い忘れてましたが、私は都内近郊でしかライブをしたことがありません)

 

その金額を出して得られたものは何ですか?

CDを買ってくれた?

Twitterのフォロワーが増えた?

 

先ほどから言っていますようにライブからファンなんてそう増えないし、増えたとしてもわずか。

それのために¥20,000払ってるんですよ?

 

¥20,000あったら何ができます?

レコーディングができるじゃないですか。

 

今時音源を配信するのなんて無料でできます。

Youtubeだってどこでだってできます。

同じ¥20,000でもライブハウスの中の閉じた空間と、全世界に広がるYoutubeの選択肢があるわけです。

 

しかもライブハウスはその日限り、Youtubeは半永久的に残り続けます。

「へ〜バンドやってるんだ。どんなのやってるの?曲とか聴けないの?」

って言われて「いや聴けるものはないんですけど…」ってなった経験がある人も多いはずです。

いろんな人にその場で聴かせることができるんですよ。

 

これどっちが得ですか?

 

“考えて”ライブをやろう

 

もちろんライブがダメというわけではありません。

楽しいよね、ライブ。

良いものですよ、ライブ。

 

ただ、ライブを数こなせば、いずれ好転すると思ってません?

無理です。無理。きっぱり。

 

何度も言ったように、ライブをする度にノルマに悩んだり、

必死に友達を誘いまくって断られて凹む程度の規模のバンドだったら無理です。

 

ライブをやりまくって売れていった人達も確かにいます。

ですが彼らは賢くてストイックなのです。

 

会場にいるいろんな人(スタッフ含め)に話しかけて人の繋がりを作ったり。

ライブをしたことでわかった改善点を洗いざらい書き出したり。

とにかく1つ1つのライブに意味を持たせます。

 

少なくとも「今日はライブでした〜」の感想だけじゃ終わらせない。

誰かしらと酒飲んで仲良くなったりしてる。

図々しく自分を売り込んだりしている。

次に何をするべきかを考えている。

 

だから意味があるのです。

少なくとも「ひたすらライブをやっていればいつか…」という考えじゃ絶対無理

「静岡県か山梨県歩いてりゃいつか富士山頂に着くでしょ」ぐらい無理。

 

ちなみに私はここら辺バンドマンに向いてませんでした。

人見知りだから人に話しかけられない。

というか他のバンドにそんなに興味を持てない。

だってプロのライブの方がすごくて楽しいもん。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。

バンドマンの宿命「ライブに人を呼べない」問題。

 

そもそも人を呼べるようになってからライブをするべきなのです。

もしくは課題探しのためのライブをしましょう。

課題点見つかりやすいですからね。

 

安上がりで済ませたいならスタジオを借りてスタジオライブ、それを生配信という手もあります。

弾き語り配信だったらさらに手軽ですね。

路上弾き語りもいいですね。

というかすごいですよね路上でって。

私には絶対できない。尊敬でしかない。

 

あとは大宮のヒソミネさんなんかはチケットノルマ無しで出演させてくれます。

そういったところを探してみるのも良いですね。

 

それでは今日はこんなところで。

くどいようですが、

脳死でライブを繰り返すのはやめよう。

という話でした。

お前らどんなに頑張っても売れねーよバーカ!

という話ではありません。お間違いなく。

シユウでした。

 

ちなみにバンドマンには以下の本オススメ、というか必読です。

この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆっくりしゃべっていいですか。 , 2018 All Rights Reserved.