作曲、DTM、映像、写真、ポエム等々しゃべりたいことがいっぱいあるので、

放っておくとノイズの原因に!?True Peakってなんで教えてくれなかったの?

 
TruePeak_アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、シユウです。

 

DTMerのみなさんはピークという言葉はご存知ですよね?

そうです、音の最大値のことです。

 

DTMなどではこれが0dBを超えると歪んでしまったりクリップノイズの原因になったりします。

そこでコンプレッサーやリミッターといった音量を抑えるエフェクターが使われます。

ピークが0dBを超えないようにするわけですね。

 

ですが、実はリミッターを使って0dBに抑えたとしても、クリップノイズが発生する可能性があるのです。

「リミッターもかけてるし、メーターだって0dBを超えてない。なのになんでクリップするの?」

この答えは「True Peak」という言葉にありました。

 

今回はこのTrue Peakの対処法についてゆっくりしゃべっていいですか。

 

True Peakって何?ざっくり簡単に

 

そのまんま言えば「本当のピーク」です。

 

CDの規格である44.1kHz、16bitという言葉は耳にしたことがありますよね。

44.1kHzというのはサンプリング周波数のことです

ざっくりいうと1秒間に44100回、音を記録しているということになります。

 

すごい精度で記録しているように思えますが、実際の音と比べたら粗いものです。

そしてこの粗さのせいで、記録漏れしてしまった本当のピークが存在します。

 

これがTrue Peakの正体です。

 

対処法は?

 

至って簡単です。

お使いのリミッターやマキシマイザーにTrue Peakを抑える機能が付いています。

 

Logicリミッター

 

こちらはLogic純正のAdaptive Limiterです。

2つ目のツマミの下に「True Peak Detection」というのがありますね。

これをオンにするとTrue Peakがゼロを超えないようにしてくれます。

 

Ozoneマキシマイザー

 

こちらはOzone8 のMaximaizerです。

画面中央やや左のインジケーターの上にTrue Peakを抑えるボタンが付いています。

 

最近ではこういった機能が付いているものは少なくないです。

皆さんの手持ちのリミッター・マキシマイザーでも探してみてください。

 

でも実はそこまで躍起になって避けるものでもない?

 

ここまでいっておいてなんですが、調べていくうちにそういった意見も見られました。

通常のクリップほどの不快なノイズが乗ることは無いみたいですね。

角が取れたような若干の音質の違いはあるそうです。

再生機器によってもTrue Peakの影響は変わってくるようです。

 

特に通常のクリップと比べたら些細なもののようですが気になる方はTrue Peakは潰しておいたほうが無難です。

 

ちょっと荒々しさが欲しいなと思った時にOFFにしてみても良いかもですね。

 

おわりに

 

私もつい最近知りましたコレ。

このTrue Peakってなんぞや?と思って調べてみて初めて知りました。

なんで誰も教えてくれなかったの!?

 

でもさらに調べてみたらそこまで大きな影響もないみたいで、だからそこまで話題にならないんですかね。

記事としてもなんかフワッとした感じになっちゃいました。

でもこれを気にみんなも気にしてみてね。

 

私はこういうの気になっちゃうので必ず潰しちゃいますTrue Peak。

 

それでは今日はこの辺で。シユウでした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DTMとギターの人
主にLogic proXとHelix floorを使用し楽曲制作を行う
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆっくりしゃべっていいですか。 , 2018 All Rights Reserved.